2014年4月アーカイブ

オリジナルホームページ

 web011.gif

 弊社では、ご予算に応じたホームページを作成しております。(39,800円~)
せっかくお金をかけて作ったホームページなのに誰も見にきてくれない。
当社では低予算でSEO対策を組み込んだホームページを作成します。
れんたるWEBトリプルアップでは、ブログシステムなどを利用したHP作成など
お客様のニーズに合わせた開発を行います。
日に数千件のアクセス数を誇るHPも夢ではありません。
また大事なのはアフターフォロー。日々お客様のHPを育み共に歩む心を大事にしています。
まずは、下記連絡先までご連絡ください

また、弊社でホームページ作成されたお客様には、月々3,000円(税別)よりホスティングサービスも行っておりますので、ホームページの運用管理も弊社にお任せください。

■お問い合わせはこちら

 株式会社 ランテックソフトウェア
TEL:093-932-2350
MAIL:lantech@lantech-software.co.jp


鑑定評価システム

LsKanteiIcon.jpg

 鑑定評価システムは、地価公示・地価調査の鑑定評価書を作成するシステムです。導入から提出までのサポートを行います。
点検結果データ授受-評価書作成-比準計算-統一フォーマット作成-評価書審査までの機能が標準装備です。また、データ授受関連は、ウイザード形式になっていますので、初心者の方にも簡単に操作できます。 
※資料はこちらをクリックしてください。

競売評価システム

KeibaiIcon.jpg

 競売評価書作成システムは、全国標準書式を基本に最新書式のマンション収益・DCF・農地・山林まで組み込まれています。事件毎に異なる様式・複雑な権利関係・一体画地における標準価格の組み合わせ、全てに対応しています。ユーザーに分かりやすいように、ウィザードにてグループ作成・物件をツリー形式で表示など様々な工夫を行っています。案件毎に違う、評価書のスタイルを見事に作成致します。是非、トライアル版(無料)からご使用ください。

開発法システム

DkanteiIcon.jpg

 当システムは戸建住宅・共同住宅の第一期開発における評価額を算定するシステムです。開発計画から福利原価表を入力することにより、開発スケジュールのグラフが時で自動的に作成されます。計算値の根拠が画面下に表示されるのでマニュアルいらずのシステムになっております。

事業実績報告書作成システム

ResultsIcon.jpg

 毎年1度の集計作業をコンピュータで・・・評価先例をコンピュータで管理したい
・・・そんな希望にお答えする「Results –事業実績報告書作成システム」です。 

 

クイック鑑定システム

QuickAppIcon.jpg

 当システムは、比準計算ナシでのスピード重視のシステムで、ワープロ感覚で利用でき、自社で作成した従来の添付資料と合わせて提出も可能です。自由に見出しを作成できる文章管理は、各物件毎、自由に見出しを編集しレイアウトできます。

九州用対連評価書作成システム

 当システムは、九州用対連の宅地・見込地・林地・農地書式をもとに作成されたシステムです。要因シートを作成し、項目を入力し評価書を作成する仕様で比準計算にも対応できます。

 

 

一般鑑定システム

IksIcon.jpg

 当システムは、一般鑑定(第三鑑定)の評価書を作成するシステムです。対象地と標準画地をブロック化したブロックツリーが特色です。①表紙、②対象地の分析(住・商・工・見・畑・林・田)、③試算表(宅・見・農・林)、④要因別格差一覧表(宅・見・農・林)、⑤個別的要因比較表(宅・見・農・林)、⑥収益事例、の書式を準備しています。

各筆評価システム (六次改訂比準システム)

kakuhituIcon.jpg

  当システムは、予め6次改訂比準表データが組み込まれています。対応書式は、住宅地(優良・標準・混在・農家)です。1.複数地域の評価が可能です。 2.比準計算は自動で行います。 3.調整価格計算が可能。4.出力様式は、住宅地(XX用途)調査及び算定表 、個別的要因格差率算出表 、土地取得価格算定表 、個別的要因の認定基準表 、調整価格算定表 。

 

路線価算定システム Ver.2

RosenV2.jpg

 当システムは、鑑定業ユーザー様のご意見をもとに、使う側を中心に作成されたシステムです。 比準表作成は市区町村毎に管理し、評価する土地に合う比準表をもとに価格を算定すことができます。 また、マトリクス型とリニア型の2つの比準表を作成することができますので、より細かな格差を計算することができます。

画地計算システム

KcalcIcon.jpg

 土地台帳データと路線、路線価格データがあれば評価基準による補正率表、またその方式により画地の評点を算出します。
弊社『路線価算定システム』との併用でより速く、よりスムーズに資料作成を可能とします。

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年1月です。

次のアーカイブは2016年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。